疾患について(巻き爪など主な診療項)

当院では、背骨や手足・膝・肩の痛みに重点を置き、治療を行います。

  • 肩こり・頭痛
  • 巻き爪
  • 腰の痛み
  • 膝の痛み
  • 肩の痛み
  • 手指の痛み

手指の痛み

腱鞘炎

腱鞘というのは、文字通り腱の鞘です。腱は、細長いロープのようなものなので、緩んだときにふらふらしないように、周辺の組織に留めておけるベルトのようなものが着いており、それを腱鞘といいます。
一般的な腱鞘炎の場合は、繰り返し手を使うことにより、機械的な刺激が腱の周囲に伝わり、炎症を起こすものです。
よくみるものは、親指の付け根から手首にかけて痛みや、腫れを来す腱鞘炎です。
親指を握り締めて、手首を小指側に傾けると親指の周辺に痛みがでます。
治療は、炎症止めの注射や安静、お薬でほとんどの方が改善します。

ばね指(狭窄性腱鞘炎)

指を伸ばしたり曲げたりするときに何かにひっかかり、ある一定の力が働くとばね仕掛けのように指が動くものです。
ちょうど手のひら側の指の付け根のところにある腱鞘が、炎症のために腱に対して相対的に小さくなることにより、腱が滑りにくくなります。
狭いところを無理やりに通ろうとして、ばねの様な動きになります。
親指、中指、薬指、示指(人差し指)、小指の順でなりやすいです。
ちょうど付け根の部分ににちいさな結節(こりこりしたもの)が出来ることが多く、安静や結節部に炎症止めの注射をうったりすることで改善することが多いです。
それでも症状が続く場合は、腱鞘の一部を切り取る手術が必要になります。
その場合は、ご希望の病院へ紹介状をお書きします。

6月

ご予約・お問い合わせは092-281-7007までお気軽にどうぞ

診療時間 午前の部  9:00~13:00(受付12:30まで)/午後の部 14:00~18:00(受付17:30まで)

休診 木・土曜日の午後、日曜日・祝祭日

アクセス 〒812-0026 福岡市博多区上川端12-28

グーグルマップで地図を見る

  • 肩こり・頭痛
  • 巻き爪
  • 腰の痛み
  • 膝の痛み
  • 肩の痛み
  • 慢心があったのでは?

このページの上部へ